文字サイズ

調査

【広島経協調べ】令和2年4月度景気動向アンケート調査結果

・広島県の景気について聞いたところ、「普通」と答えたところは、前回調査(昨年10月度調査)に比べ 激減している。逆に「やや悪い」「悪い」と答えたところは前回調査に比べ、3倍以上となっている。

・景気が「やや悪い」「悪い」と答えたところでは、ほとんどの企業で「新型コロナウイルスの感染拡  大」を挙げている。

・経営上の問題点は何かと聞いたところ、「新型コロナウイルスの感染拡大」をトップに、次いで「人材 の確保」が高くなっている。

 

【広島経協調べ】令和2年4月度雇用動向アンケート調査結果

・令和2年3月新卒採用状況を聞いたところ、回答のあった約8割が採用したと答えている。

・雇用の過不足状況については、約6割の企業が「不足」と回答している。「不足」と回答した企業を職 掌別にみると「生産」「営業」が多く、昨年同様の結果となった。また、年齢層では「20~39歳」と  「30~39歳」の2つが5割を超えていた。

 

※本調査は新型コロナウイルス感染拡大前にアンケートを実施している。

 

【広島経協調べ】令和2年度決定初任給調査結果

・当協会が実施した令和2年度決定初任給調査結果によると、大学院卒213,572円、大学卒200,037円、短大卒179,335円、高専卒184,748円、高校卒166,843円となっている。