文字サイズ

調査

【広島経協調べ】

 令和6年4月度景気動向アンケート調査結果 (5月1日発表)

・広島県の景気については、「やや良い」が2割、「普通」が5割、「やや悪い」が2割、

 「悪い」が1割となっており、前回調査(令和5年10月度)と比較し、「やや悪い」と答えたところ

 が減少するなど、多少、回復傾向にあることが感じられる。

・景気が「やや悪い」「悪い」と答えたところでは、その要因として、半数以上が「原材料価格の高騰」    

 「物価の上昇」「個人消費の低迷」を挙げている。

・経営上の問題点では、前回調査同様、「人材の確保」が一番多く、次いで、「原材料価格の高騰」

 「人件費の上昇」「人員不足」「人材の養成」「競争激化」「人口減少」の順となっている。